新築の住宅はいずれ汚れていく

新築一戸建てでは仲介手数料が発生する場合があります。後は、土地と一緒に購入する時の住宅ローンも注意です。

新築一戸建てを購入する時の注意ポイント

新築一戸建てを購入する事を考える場合には、不動産会社さんから直接購入する方法があります。それ以外は、工務店が、自分の会社が所有する土地に建てた物件を、仲介業者を介して販売するスタイルがあります。仲介会社を介する場合ですと、仲介手数料が必要なので、きちんと確認をしておかなければなりません。ただ、この仲介手数料なのですけれども、上限はきちんと決められています。基本的に購入者と仲介会社で合意した金額が決定金額なのですけれども、一般的には、四百万円を超える場合ですと、物件の価格の三パーセントプラス、消費税を加えたものが手数料になるので確認が必要です。

土地を購入して家を建てる場合も注意をしなければなりません。何故、注意をしなければならないのかと言うと、住宅ローンを扱う場合にはとても複雑になるのがポイントだと思います。土地にも、建物にも、住宅ローンを適用する場合ですと、土地を購入した時に、建物に関する資料の堤出が必要な事が多いのです。だから、先に準備しておく必要があると思います。では、土地と建物のローンを別々にすればどうなるかという疑問が出て来ますよね。その場合は、関連諸費用が増えて来るのです。だから、建築依頼をする会社に早めに相談した方が良いでしょう。

サイトリンク

  • 丸の内で働く社長・鎌田和彦のツイートチェックはこちらから!
Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.