新築の住宅はいずれ汚れていく

新築マンションは人気がある物件です。それにも関わらず借り手がいないところもあります。その原因について。

新築マンションなのに借り手がない物件

新築マンションは大体のケースで人気がありすぐに埋まっていく傾向にあります。しかし新築マンションの中でも入居者が入らないところは存在します。そういうところに共通しているのは家賃が高い設定になっているということでしょう。市場価格というものがありますので同じようなタイプなのにそこだけ高い家賃設定である場合はやはり新築と言えども入居者が埋まりません。何故家賃が高いのかはオーナーの問題が一番大きいです。それは建てるために経費を掛け過ぎた場合に起こると言えます。新築マンションの場合は10年単位で元を取って収益に変えていくという計算になっていますのでどこかで計算が狂っている可能性はあると思います。

またデザイナーズマンションというものもあり、実用的ではないがデザインに凝ってしまっている場合もあります。良かれと思って作ってみたのですがデザインは好みがありますので今一つ入居者がピンと来ていない場合も多いと思います。そういう物件は波に乗っている時は良いのですがブームが去ってしまうと奇抜なデザインと受け止められかねません。消費者とのズレが生じてしまっていては入居者が中々入らないという原因になるでしょう。

様々な理由が上げられると思いますが一番問題なのは何と言っても家賃と釣り合っていないから入居者が入らないということが理由ですのでオーナーとしては下げるしかありませんし、入居者としてはもっと家賃が下がる可能性が高いですので待っても良いでしょう。
Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.