新築の住宅はいずれ汚れていく

訳あって新築の住宅でも手放さないといけないケースがあります。そういった時の注意点についての文章です。

新築の住宅を訳あって売りに出す場合

人間何があるか分かりません。せっかく新築の住宅を建てたのにすぐに売りに出さないといけない場合もあります。この時に注意したいのは新築ということで評価は高いと考えて売値を設定しがちだということです。この場合は中々売れないということになってしまいます。何故なら新築と同じような物件であっても入居があった時点で中古という扱いですので評価額の開きがあると言えます。どうしても売り手を付けたいという場合には市場の評価額と合わせるしかないでしょう。要するに自己評価を下げるということになります。

また新築であればあるほど何故売りに出されたのかと購入する側で疑心暗鬼になる部分も出てきます。何か問題があったから新築なのに売りに出されていると受け取られかねません。その辺の事情を不動産業者がうまく説明をしてくれれば良いのですが中々、有りのままを業者に言うということも憚られるものです。

本当に物件を売らなければならない場合は評価額に合わせて価格を下げるしかないでしょう。新築だから高く売れるということはどうもないというのが不動産業界では常識のようです。また複数の業者に依頼するという形もありますが、間口を広げてもお客さんが増えるという訳でもありませんので効果の程は今一つと言ったところです。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.