新築の住宅はいずれ汚れていく

最近は先行き不安で新築の住宅ローンを組むのもやや安心できないところがあるでしょう。その点について書きました。

最近の新築と住宅ローンの問題について

最近、景気が上向いてきたと言われていますが一般的な庶民であるわたしたちにはまだその恩恵が多いとは言えない状態が続いています。企業に勤めていてもいつ解雇されるかは分かりませんので安心して住宅ローンを組むことはできません。それでも新築を購入する場合は長い住宅ローンを組むことになるでしょう。その場合には先々が不透明であるのでなるべく短い住宅ローンにすることが良いでしょう。30年以上のローンを組んでも払い終わるのか分かりませんのでもう少し短い形が良いです。また退職金を当てにするということは現在では公務員でない限りは難しいように思えます。

退職金が出ないということも有り得ますし、年金自体も支給年齢が上がっているということがあります。計算が成り立たないということはやや残念ですがそういった時代に合わせてローンを組むのは現実的な行動であると言えます。マンションを購入するのであれば新築よりも中古の方が安いです。新築と中古の違いというのは設備が最新かどうかくらいなもので大した違いはないと言えます。住んだ瞬間にどんなマンションでも中古になってしまいますので、そこは貯金額などと相談をしてなるべく短い住宅ローンを組むことが自分の生活を守るコツだと言えます。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.