新築の住宅はいずれ汚れていく

家は3回新築しないと納得いくものは建てられないと言われることがあります。後悔はつきものですので仕方ありません。

新築は人生で一回きりですが後悔はつきものです

家を新築すると大体の人は失敗したと思う部分があります。完璧な家、間取りを建てることは誰にもできないでしょう。何でもそうですが何度か挑戦した後にやっと納得がいくものができるものです。しかし家というものは大体の人が人生で一度きりの買い物です。そういうこともあり、後悔はつきものだと思った方が良いです。後でこうしたら良かったと思うことはありますが、自分だけがそう感じている訳ではありませんので諦めることも時には必要です。

まず重要なことは欠陥住宅ではないということが最優先されます。それがあったら流石に建てた建設会社に苦情を言うべきですが、それがないということはまずは住宅として最低限の条件をクリアできているということです。またハウスダストなど健康被害がない住宅であるということがもう一つの最低条件だと言えます。ここをクリアしているならばしっかりと住めるものなので妥協して良いのではないかと言えます。

仮に気に入らない部分があるならば後でリフォームしたら良いと思いますので、それまで我慢できないというところまで思い詰めない方が良いです。それはストレスをためるだけですのでもう少しおおらかにとらえて良いのではないでしょうか。そうしないと気に入らない部分を目にする度にイライラしてしまうので精神衛生上、決して良いことではありません。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.