新築の住宅はいずれ汚れていく

新築祝いとお返しというのは伝統的な風習によるものと言えます。ですから貰う方も受け取る方も常識を持つべきです。

新築祝いと常識的なお付き合いの関係について

新築祝いで難しいのは常識を知らない人達がいるということです。常識人振るつもりはありませんが、この新築祝いというものはお祝い返しも含めて双方のやり取りが伝統的な風習に起因しているということを知るべきです。例えばお祝いはいくら包んだらよいのだろうか、ということやお祝い返しはどうしたら良いのかというのは全てお互いが知っているということが条件で成立するものです。例えば本などでお祝いは1万円ということを知ったとします。そこで相手方は後日、しきりに自分の新しい家にお祝いをくれた人を招待しようとします。

この時点でその招待がお祝い返しを兼ねているのだと招待された人はすぐに気付かないといけないのです。それが伝統的な風習によるものだという意味ですので、そこはお祝い返しを受け取るために行かないといけないでしょう。結局お祝いは贈って、お返しがあるというこの一連のやり取りがあって初めて等価交換ということで社会の関係性が保たれるのです。そこを理解できていないと1万円贈ったのにお返しが中々来ないとか、招待しているけど中々来てくれないといったすれ違いが起こるのです。こういうのはお互い様ですのでしっかりそのお約束を双方が守らないといけないと言えます。もちろん忙しいということでお祝い返しで招待してくれるけど気を遣わなくていいよという親しい間柄であれば全く問題がないでしょう。こういったお祝いは形式上のことなのですが何故、形式的になっているのかを理解すべきでしょう。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.