新築の住宅はいずれ汚れていく

新築と中古住宅のリフォーム、どちらが良いのでしょうか?メリットとデメリットを考えてじっくり検討しましょう。

新築と中古住宅のリフォーム、どちらにするか

マイホームを考えるとき、「新築」と「リフォーム」で悩むところですよね。新築にするか、中古住宅を買ってリフォームするか、果たしてどちらが良いのでしょうか。新築のメリットは、思い描くデザインに自由に設計することができる・どの場所も綺麗で最新の技術のついた部屋が完成(メーカーの保証もついている)・最新の耐震技術の取り入れができるので安心…といった点です。デメリットは、登記が必要なので多額のお金がかかる・実際に完成するまで実物のイメージができにくい・建築に必要な材料と設備を全て新しく用意する費用がかかる・購入すると価値が下がるので売りに出すと安い価格になってしまう…等です。

中古住宅のメリットは、価格が割安で済む・一から立て直すのと違い建築廃材があまり出ない・登記が不要なのでその費用がかからない・元からある良い部分を残してこだわりたい部分にだけお金をかけられる点です。デメリットはあまりにも大掛かりなリフォームを行うと、下手すれば新築と同じまたは高い金額がかかってしまう・耐震の強度はできても元々の地盤は変えられない・既存の設計や広さに限界があるため、本当にしたいようにはリフォーム出来ない箇所が出てくるかもしれない・築が古いと、壁や設備の維持費用(修繕費)でお金がかかる…といったところです。総合的に判断して、どちらか良いのかじっくり検討していきましょう。
Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.