新築の住宅はいずれ汚れていく

どれだけ奥さんの掃除の手間を減らせる新築物件を選ぶかによって、住宅の病原菌対策にも違いが出て来ます。

部屋とキッチン周りが掃除のしやすい新築を目指す

奥さんにも過ごしやすい新築のマイホームを手に入れたいと考えてあげるなら、どれだけキッチンの手入れが楽に済ませられるのかという事と、部屋の掃除しやすい環境作りを考えてくれる住宅メーカーを頼るのが良いでしょう。特にキッチン周りなどは掃除の手間がかかりやすい設計になっていると、何処かに汚れが残って害虫が発生する原因になりかねません。害虫というのは色んな病原菌を運んでいるものですから、IHクッキングヒーターなどを設置する事で汚れを残さないキッチン作りを考えてあげましょう。

掃除のしやすい部屋がある物件というのは畳ではなくフローリング敷きがおすすめで、フローリングでも継ぎ目が狭くて小さなゴミが入りにくいものを選ぶのが良いですし、出来るならば部屋の入り口などに出っ張りが少ない物件を選ぶのがベストです。そうする事で奥さんが掃除機をかける時にも手間をかけずに済むだけでなく、最近流行りのお掃除ロボットなどをかける際にも部屋の移動に手間取る事もありません。奥さんが妊娠中などは部屋の掃除も大変になるものですし、風邪を引いてしまった場合にも掃除ロボット任せにしやすという意味で、部屋の入り口に出っ張りのない新築物件はおすすめ出来ます。

サイトリンク

Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.