新築の住宅はいずれ汚れていく

家を買う際、その家に何年住む予定なのかによって新築の家を買うか、中古の家を買うか決めましょう。

何年住むかで新築か中古か決めましょう

一軒家は新築にするか中古にするかで迷うかもしれません。迷った場合は「何年くらい住む予定なのか」で考えるべきなのではないでしょうか。例えばあなたが定年してから住もうかな、と思っているなら10〜20年くらいその家に住むことになると思います。10年20年くらいならわざわざ新築の家を建てなくても、中古の家を買えばいいと思います。おそらく中古の家を買った方が金額的にお得でしょう。では結婚後に家を買う場合はどうでしょう?これからずっと住むつもりなら30年40年は住むことになるでしょう。それなら新築の家じゃないとしんどいかもしれません。

だから何年その家に住む予定なのかで考えると良いでしょう。長く住む予定なら新築、そこまで長く住むつもりがないなら中古の家が経済的です。もちろん住む年月だけではなく、ライフプランも考慮した上で選んだ方がより賢い選択になるでしょう。定年後に住むなら中古の住宅で十分です。けれどその後自分の子どもに家を譲りたいなと思っているなら新築の家を買った方が良いと思います。また結婚後に家を買う場合でも、子どもが成人したら建て替えようと思っているなら中古の家の方がずっと効率的かつ経済的です。ライフプランを考慮することでより正確に家に住む期間がわかり、より家を選びやすくなりますよ。
Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.