新築の住宅はいずれ汚れていく

中古の一軒家でも1981年以降に建てられているなら耐震性に大きな問題はないそうですが、新築の方が安心です。

耐震性、新築の方が安心です

中古の一軒家でも1981年以降に建てられた一軒家なら耐震性に大きな問題はないのだそうです。けれど大きな問題はなくても小さな問題はあるのかな?なんて私は思ってしまします。1981年以降に建てられた家って、20〜30年は建てられてから建っているわけですよね。その時点で結構耐震性は落ちてしまっているんじゃないかと思います。それに20年30年経ったら建築技術だってかなり変わってくるんじゃないかと思います。大きな問題はないと言っても、やっぱり今の新築の一軒家とは耐震性とか安心性が違うんじゃないかな?と思います。

最初から中古の家を買おうと思っているのなら、1981年以降に建てられた家を買えばいいでしょう。でも安全性を優先したいと考えているなら絶対新築の一軒家の方が良いと思います。新築の一軒家なら新しい技術が使われているので絶対に安心です。それにやっぱり20年30年経っている家は長持ちしませんよ。家の寿命って50年とか60年とかだそうじゃないですか。しかも最近建てられた家と比べるともっと寿命が短いかもしれません。後20年とか30年しかもたないなら、やっぱり新築一軒家の方が長く住めるし安全だし良いんじゃないかな?と私は思います。
Copyright (C)2017新築の住宅はいずれ汚れていく.All rights reserved.